早めの治療にプロペシア

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症する男性特有の薄毛や抜け毛の症状などがあります。
とくに、額の生え際部分や頭頂部の髪の毛が抜けはじめ、徐々に薄くなっていくという特徴がありますが、ほとんどの場合、先天的な要因、つまり「遺伝性」のものであると言われています。

AGA(男性型脱毛症)が厄介である理由として、進行性の症状であることがいえます。
今は薄毛でなくとも、親族に薄毛や禿の人がいたり、もともと髪の毛が薄くボリュームがないなどの場合には、少しでも早めにAGA治療薬「プロペシア」による専門的な治療が必要となります。
AGA(男性型脱毛症)の場合は、放っておくことでどんどん薄毛が進行していき、自然に治癒することはありません。少しでも早めに治療を行わなければ、次第に髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

「プロペシア」は、AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制します。そのため、成長期が長くなっていき、細くなっていた髪の毛にコシが出てきたり、休止期だった毛穴からの毛髪も成長し始め、AGAの症状が改善が期待できるのです。
「プロペシア」による治療は、1日1回1錠を半年から1年程度、毎日継続して服用し続けることで、徐々に発毛を実感することができるようになります。

髪の毛が抜けることは、メンタルにもかなりの影響があり、抜け毛によるストレスがさらに症状を悪化させる場合があります。抜け毛や薄毛などが気になる場合には、自己判断による治療ではなく、少しでも早く専門の医師に相談をしたうえで、AGA治療専門治療薬「プロペシア」による治療を行うようにしましょう。