プロペシアとは何か

近年TVCMによる啓蒙活動による効果もあり、男性型脱毛症(AGA)の認知度は年々高まってきています。男性型脱毛症とは男性ホルモンのテストステロンが発症に関わっている脱毛症のことをいいます。男性ホルモンが発症に関与するため男性にのみ起こります。テストステロンの産生量は思春期以降に急激に多くなるため、それ以降の成人に起こることが多いです。男性型脱毛症の治療は主に皮膚科で行われます。この治療は主に薬物治療が行われます。そこで使用される代表的な薬がプロペシアです。プロペシアの有効成分はフィナステリドという物質です。プロペシアにはジェネリック医薬品も発売されており、より安い値段で同一有効成分の医薬品を入手することができるようになりました。
プロペシアはあ5αリダクターゼ阻害薬です。5αリダクターゼは人の体内に存在する酵素でテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する反応を触媒します。実はテストステロン自体は毛根組織に大きな影響を与えることができませんが、ジヒドロテストステロンに変換されることによって毛根組織に強く影響を与えることができるようになり、男性型脱毛症を発症させることができるようになるのです。つまりプロペシアの服用によってジヒドロテストステロンができなくなり、結果として男性型脱毛症は進行しなくなるのです。
このプロペシアは服用を始めてすぐに効果が現れるわけではありません。なぜならヘアサイクルの成長期は半年から数年と言われており、長い期間をかけて毛は成長していくのですぐに効果を発揮することができないのです。プロペシアの治療効果の判定は最低でも半年以上服用を継続してから行うこととされています。